スムーズに進める

示談交渉はできるだけスムーズに進めたいと考えている被害者も多いでしょう。では、スムーズに進めるためにはどうすればよいのかというと、決して慌てないことです。通常示談交渉の相手というのは、加害者本人ではなく保険会社になることが多いでしょう。保険会社の多くはできるだけ早く示談交渉を成立させようとしてくるのです。そのため、納得がいかないのに、安易に合意してはいけません。

もし交渉に自信がないのであれば、交通事故に詳しい弁護士に示談の相談をして、代わりに交渉をしてもらうのもよいでしょう。それが1番の近道です。弁護士を選ぶときには、交通事故に詳しいだけではなく、親身になって相談に乗ってくれる弁護士でなければいけません。そのため、車に乗ることがある人は、事前に弁護士を絞っておくという方法もおすすめできます。そうすればいざというときに慌てなくて済むでしょう。

スムーズに進めるということは、早く示談交渉を行うということではありません。特にトラブルもなく、順調に進めるということです。そのためにはこちらのペースで行うことが重要ですし、示談金をもらい損ねないように慎重に行うことも重要でしょう。弁護士に任せることで、心労が少なくなるというメリットもあります。

治療が長引いた場合

通常人身事故でケガをした場合、治療が終了してから示談交渉に入るのが一般的です。しかし、治療が長引いてしまうと、いつ切り出したらよいのかわからない人もいますし、できる限り早めに示談交渉をしたいという人もいるでしょう。それでもきちんと治療が終わるまで待ってから示談交渉をするべきなのですが、後遺症を負ってしまった場合には、いつ完治するのかわかりません。

そんなときは人身事故を起こしてから半年前後で症状が固定すると言われているので、このタイミングを見計らって示談交渉を行うべきでしょう。人によってはあまり示談交渉を遅らせてしまうと、加害者が忘れてしまう、本当に交通事故で通院や入院をしているのか疑ってくる人もいます。それでも警察に届けてあれば立証できるので、裁判になってもまず負けることはないでしょう。

よって後遺症の場合には、半年経過してから示談交渉を開始するべきです。ただし、注意しなければいけないこともあります。それは損害賠償請求権は時効が存在しているので、時効までに請求する必要があるのです。損害賠償請求権の時効は3年となっているので、必ず3年以内に請求するようにしましょう。途中でもめる可能性もあるので、できれば2年以内に示談交渉を行うべきです。