スムーズに進める

示談交渉はできるだけスムーズに進めたいと考えている被害者も多いでしょう。では、スムーズに進めるためにはどうすればよいのかというと、決して慌てないことです。通常示談交渉の相手というのは、加害者本人ではなく保険会社になることが多いでしょう。保険会社の多くはできるだけ早く示談交渉を成立させようとしてくるのです。そのため、納得がいかないのに、安易に合意してはいけません。

もし交渉に自信がないのであれば、交通事故に詳しい弁護士に示談の相談をして、代わりに交渉をしてもらうのもよいでしょう。それが1番の近道です。弁護士を選ぶときには、交通事故に詳しいだけではなく、親身になって相談に乗ってくれる弁護士でなければいけません。そのため、車に乗ることがある人は、事前に弁護士を絞っておくという方法もおすすめできます。そうすればいざというときに慌てなくて済むでしょう。

示談はやり直しがききません。弁護士が交渉することで賠償金の増額も期待できます。スムーズに、正当な金額を請求するためにも弁護士はきちんと選ぶようにして下さい。(参考:示談の流れ|交通事故被害者救済サイト

スムーズに進めるということは、早く示談交渉を行うということではありません。特にトラブルもなく、順調に進めるということです。そのためにはこちらのペースで行うことが重要ですし、示談金をもらい損ねないように慎重に行うことも重要でしょう。弁護士に任せることで、心労が少なくなるというメリットもあります。