交通事故後の示談交渉

交通事故で被害を受けた場合には、示談交渉を行って示談金を支払ってもらうことができます。しかし、いつごろ示談交渉に入ればよいのかわからない人も多いでしょう。家族は子供だけしかいないから、自分が退院してから交渉すればよいのか、1人暮らしだからすぐ交渉ができないという人もいます。その人の家族構成や事故の程度によっても、示談交渉を行うタイミングというのは変わってくるでしょう。だからこそ弁護士に相談をする必要があるのです。

基本的に交通事故で入院した場合には、退院して全ての治療が完了してから示談交渉という形になるので、心配はいりません。物損事故の場合にはともかく、人身事故で人にケガをさせた場合、警察に届けないと罪になるので、万が一加害者が逃げた場合でも捕まるでしょう。よって示談交渉ができなくなるケースは殆どないと言えます。それほどケガが酷くないという場合には、即座に示談交渉を行うことも可能です。

示談交渉のタイミングというのは、人によってかなり変わってしまうので、特にこのタイミングで行わなければいけないということはありません。ただし、治療や入院の必要がある場合には、治療後に示談交渉を行わないと、どれぐらいの治療費がかかるのかわかりません。この点だけ注意すれば、後はそれほど心配する必要はないでしょう。当サイトでは人身事故の被害に遭った人が、いつ示談交渉を始めるのか、どのように交渉していくのかを分かりやすく解説させていただきます。